旗揚げ

1997年10月11日に第1回大会「PRIDE.1」が開催され、高田延彦 vs. ヒクソン・グレイシーの試合で注目を集める。以後定期的に開催され、アメリカのUFC、日本のK-1に並ぶ格闘技イベントに成長した。
初期には、スタンディングバウトルール、空手ルール、組み技ルールなど夢の対戦カード実現の舞台として、色々なルールも試行されたが、その後は総合格闘技ルールに一本化。立ち技のK-1に対して、立ち技も寝技もありの総合格闘技として認知された。

おすすめ情報

    ナンバリングタイトル化

    PRIDE.1からPRIDE.4までは、実行委員会形式のKRS(格闘技レボリューション・スピリッツ)が母体となって運営。KRSは、小室哲哉のスーパーバイザーを務めていたTKトラックス社長喜多村豊をイベントスーパーバイザーに(小室と喜多村は早実の同級生)、G-PROMOTION社長岩本龍季をチーフプロモーターに(尾崎豊メモリアル展、X JAPAN写真展等、榊原と共同プロデュース)、東海テレビ事業榊原信行をチーフプロデューサーとして、3社で企画立案運営主管になり、名古屋の広告代理店(DSE前社長森下直人が在籍した名古屋の家電チェーン・エイデン子会社のハドック、パーフェクTV!-現スカパー!の広告代理店)、メディアファクトリーをスポンサーに付け開催した。
    そもそもPRIDEは、高田延彦とヒクソン・グレイシーの試合を実現するためだけに立ち上げられたイベントであった。きっかけは東海テレビ事業時代の榊原信行とG-PROMOTION岩本龍季2人がUWFインターナショナルの名古屋大会を開催し、高田延彦と深夜まで飲み明かし、高田が『もし、選手生命を賭けて試合をするならば、ヒクソンとやりたい!!』と語ったことだった。その10日後に偶然、ヒクソンの写真集を制作する話があり、ヒクソンと榊原が会うことになっており、ここから対戦の計画が始まった。当初の企画書で、K-1の石井和義館長の名前が総合プロデューサーに名前を連ねていたのも、榊原が東海テレビ事業時代にK-1名古屋大会の運営をしていたためでの配慮ある。
    しかし、旗揚げするには、様々な障害が発生した。 第1に、ヒクソンの高額なギャラであった。手付け金の数千万をK-1の石井館長に借財し、榊原が契約を取り付けた。 その後、この金銭が問題になりイベント開催に障害が起こった。 石井館長がK-1主催でのイベント開催を主張したために、独自開催を主張した主管3名が当時、関西の実力者石原貴志(本名 金徳珠)に紛争仲裁を依頼し独自開催に漕ぎつけた。

    お気に入り

    • 不動産業と建築業を営んでいる、豊田 注文住宅は、25年の実績、ノウハウの蓄積があります。豊富な情報の中からお手伝いさせていただきます。

    トップページ

    コンテンツ

    関連コンテンツ

    • おしゃれで素敵なお部屋なら、有限会社みずひきがたくさんご提案します!枚方市 建売住宅のお部屋リフォームは私たちにお任せ!
    • ペットも快適なリフォームをたくさんご用意しております。山口県 リフォームリフォームの他にも、山口県も扱っています!