概要

PRIDEの主な開催イベントシリーズは、「PRIDE.」の後に開催順の数字が入る「PRIDEナンバーシリーズ」、数大会に分けたトーナメントによって優勝者を決定する「PRIDE GRANDPRIX」、実験的要素と日本対世界の対抗戦を軸にしてスタートし、途中から中・軽量級中心に特化した「PRIDE武士道」、大晦日に行われ、当日時間差放送ながらも、フジテレビ系列の地上波放送にて、ゴールデンタイムを含む長時間枠で放送された「PRIDE男祭り」、の4つであった。

おすすめ情報

    ナンバリングタイトルその他

    1997年の「PRIDE.1」より数か月に1回のペースで「PRIDEナンバーシリーズ」のみを開催していたが、2000年の1月と5月に体重無差別級による「PRIDE GRANDPRIX 2000」を開催。
    その後はまた、数か月に1回ナンバーシリーズの興行に落ち着くが、2003年には再び、今度はミドル級選手による「PRIDE GRANDPRIX 2003」を8月、11月の2大会に分けて行う。また、この年の10月に「PRIDE武士道」も初開催される。
    そして大晦日の「PRIDE男祭り」は、オリンピックの格闘競技での金メダリストや、他格闘競技のトップ選手などのPRIDEデビュー試合の場として、またはその年に各PRIDEイベントで活躍した選手が一度に集うオールスター大会として開催され、全試合終了後にはカウントダウンイベントも行われた。
    各シリーズそれぞれにテーマを持った興行を行ってはいるが、プロ野球のリーグ的な要素での分け隔てはないため、ミルコ・クロコップのようにどのシリーズにも参戦している選手も多くおり、各シリーズの大まかなイメージをつかむことができれば、あとは同じPRIDEシリーズであると考えても差し支えはない。
    2005年から始まったPRIDE武士道では、「中・軽量級」のみの試合を行う興行としてナンバーシリーズ・GPとの差別化が計られるようになったが、2006年11月5日のPRIDE 武士道 -其の十三-をもって同シリーズは終了し、それ以降のナンバーシリーズ、GPにおいて正式に中軽量級のウェルター級(83kg以下)・ライト級(73kg以下)が設置された。
    その他の関連するイベント・大会としては、PRIDEへの登龍門を謳い二軍的位置付けだった「MMA THE BEST」シリーズ、東海テレビのテレビ番組「PRE-PRIDE」「PRIDE王」内企画の大会だった「PRE-PRIDE」シリーズ、興行的要素を一切排したアマチュア選手のための大会「PRIDEチャレンジ」がある。

    お気に入り

    • 個人のお客様はもちろん、店舗・商業施設や事務所、学校、ビルなど、法人のお客様にも埼玉県草加市 内装工事を施工対応しております。

    トップページ

    コンテンツ

    関連コンテンツ

    • レーシング用ラジエーターラジエーターも江尻ラヂエーターで。
    • 自社のWEBサイトが上位に表示されるようホームページを改善。株式会社アドバンスでWEBにおける飛躍的な集客力UPを。